アラサーノマド、海外で住みたい街を探索中。

海外で住みたい街を探索中のノマドワーカーの筆者が、セブ島留学や海外旅行情報(ヨーロッパ・アジア等)を紹介するブログ。

MENU

ベルリンからポツダムへはS7の電車で約1時間!サンスーシ宮殿が見所

f:id:abroaders:20170611212942j:image

ベルリンからふらっといけるポツダムに行って来ました。

ベルリンはそこまで見るところもなかったので、半日かけてポツダムに行って来ました。ちなみに写真はサンスーシ宮殿を作ったフリードリヒ2世らしいです。

ベルリンからポツダムへの行き方はS7!宮殿へは695番のバス

f:id:abroaders:20170611212801j:image

ベルリンからポツダムはかなり近いので、ふらっと午後からでも行けます。東京と横浜ぐらいの感覚でしょうか?

切符はABCゾーンで使える切符を購入しておきましょう。S7でポツダム中央駅について、サンスーシ宮殿に行く場合は695番のバスに乗り、途中で降ります。

駅からは18分程度ですので、乗り継ぎがうまくいけば1時間程度で到着できます。

ちなみにドイツのバスの運転手はあまり愛想は良くないです。ドイツはお店で英語で話しかけても基本的にドイツ語で全部返されますので、なんだかフランス的な感じがする国ではあります。

ポツダムの見どころはサンスーシ宮殿

f:id:abroaders:20170611212816j:image

そもそもサンスーシ宮殿とはなんでしょうか?

Wikipediaさんによりますと、

サンスーシ宮殿(サンスーシきゅうでん、独: Schloss Sanssouci)は、ドイツ北東部の首都ベルリン南西約30km、ブランデンブルク州の州都ポツダム市街の西に広がるサンスーシ公園北東部に建つロココ建築の宮殿。

「サンスーシ(Sans Souci)」とは、もともとフランス語で「憂いなし」を意味し、日本や中国では漢訳して無憂宮とも呼ぶ。

1990年に、宮殿の建物および庭園は「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の1つとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

とのことです。

サンスーシ宮殿はこんな感じ

f:id:abroaders:20170611212835j:image

こんな感じで綺麗なところですが、ロシアのエカテリーナと比べてしまうと若干しょぼめです。え

ちなみにチケットを購入後、エントランス時間が決まっていますので、その時間になったら宮殿には入れます。まあミニ宮殿みたいな感じです。

余談ですが、筆者の旅行シーズンによるのかもですが、今回のベルリンでは日本人とはほぼ遭遇せずに終わりました。

ベルリン+ポツダム観光は1日あれば行けるかも

f:id:abroaders:20170611212903j:image

なんとなく街が落ち着いていて、なんとなくベルリンより綺麗な人が多かった気がします。ベルリンに多少滞在する人は、ふらっとポツダムに出かけて見るのはありなのではないでしょうか。

もしくはブレーメンなど、ドイツの他の都市にいってみるのもありかもしれません。筆者は午前中にベルリンを散歩したのちに、午後からポツダムに行きましたが、それぐらいのタイムスケジュールでもわりと観光スポットは回れるようには思います。

ただじっくり要所要所を見たい人には筆者のような弾丸スタイルはあんまりよくないのかもしれません。自分にあった旅行スタイルでぜひ楽しんでください。