読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーノマドの自由気ままブログ

東京と海外を行き来するノマドワーカーの筆者が、海外旅行やセブ島留学の情報を紹介するブログ。

MENU

北京で火鍋なら海底撈火鍋(王府井店)が一押し!池袋でも食べれます。

f:id:abroaders:20170425132410j:plain

中国で美味しい食べ物といえば「火鍋」ということで、2日目の夜は友人と火鍋を食べにいきました。

こちらの海底撈火鍋(王府井店)は北京への出張者にも人気のお店で、中国国内には結構店舗があります。

値段は少々高めですが、ここのお店の接客サービスの質の高さはピカイチです。

美味しい火鍋と質の高い接客サービス 

f:id:abroaders:20170425132544j:plain

もちろん火鍋の味は美味しいのですが、個人的にそれ以上に驚いたのが接客サービスの良さです。

中国というと接客サービスはよくない印象がありますが、こちらのお店は日本並みに接客サービスが良いです。

写真の麺のパフォーマンスも秀逸です。

ご飯の終盤になると店員さんがパフォーマンスしてくれます。

肝心の火鍋は写真を撮り忘れました(え)。

ぜひ皆さんも実際に行って食べて見てください。

ちなみに日本では池袋に店舗がありますので、東京の近くに住んでいる方はそちらに足を運んで見てください。

池袋店はこちら

こちらの火鍋店は日本人を連れて行ってもウケること間違いなしでしょう。

北京でのIT・決済インフラの普及

f:id:abroaders:20170425132444j:plain

こちらの火鍋店のシステムもそうですが、北京を旅行していて常々感じたのは、IT・決済インフラの普及です。

この点は日本より進んでいるように思います。

こちらの火鍋店の注文システムも、日本のシステムよりも快適でした。

それ以外にも、万里の長城や映画館のチケットシステム、至る所でのwechatでの支払いなど、日本より便利な部分がたくさんあります。 

中国という国は、他国の良いサービスやテクノロジーなどを更に改良し、国内に適合するような形で上手く取り入れているように思います。

そういう点で、とても賢い国です。

日本の40代以上ぐらいの方からは中国の印象はよくないようですが、もうすでにGDPの面でもテクノロジーの面でも日本は中国に追い抜かれているという事実は、頭に入れておいた方が良いのかもしれません。

そして今後はこちらの火鍋店の例のように、日本が得意とするサービス面も、もしかしたら中国に追い抜かれてしまうのかもしれません。

まあ当面この接客サービスなどは日本は優位ではあると思いますが、今後10年を考えるとわかりません。

接客サービスに力を入れた方が儲かると、中国の経営者達が判断した場合、怒涛の勢いで日本の飲食店を追い上げてくるような気もしなくもありません。

中国とはそんな国であるような気がします。

そんなことをふと思ってしまった火鍋店でした。

ではでは次回は天津編です。